育毛シャンプーの選び方

育毛を目的としたシャンプーが、大手メーカーから販売されています。このシャンプーの目的は、頭皮環境を整えつつ頭皮に栄養を与えることです。そのため効能として「頭皮や髪への刺激を少なくする」「頭皮の皮脂汚れを適切に落とす」ことの二点があります。肌に合わないシャンプーを使うことにより、薄毛や抜け毛の症状は大きく進行してしまうので、できるだは早目に適切なシャンプーに切り替えることが長期的な薄毛・脱毛対策に役立ちます。
育毛シャンプーのほとんどは、市販されているシャンプーとは違う成分が配合されています。市販シャンプーは大量生産をして全国の広い地域に流通させるために、主成分として高級アルコール系の界面活性剤が合成されています。具体的にはラウリル硫酸ナトリウムなどといった物質が成分内容となっており、肌の弱い人などが使うと頭皮に炎症やかぶれなどを引き起こしてしまったりします。
育毛シャンプーでは、このような人体に危険な成分は含まれておらず、ヤシ油成分由来などアミノ酸系の界面活性剤が使われています。アミノ酸が含有されていることにより、ダメージヘアの補修をしてくれます。また、天然由来成分は肌への刺激が少ないので、炎症やかぶれのない頭皮を維持することができます。
しかしすべての育毛シャンプーがアミノ酸系のような天然由来成分のみでできているわけではありません。購入をする前には、そのシャンプーがどのような成分によって構成されているかきちんと調べておきましょう。